バルカーカップを振り返る

競技会




バルカーカップから一夜明け、

遠方での私用が落ち着いた今、

昨日の競技会を思い返してみる。

 

競技会の反省と

バルカーカップで気づいたことを書きます。

 

競技会の反省!

正直踊ってるのを見てないから、

フィジカルやテクニック的なことは

なんとも言えないっす。

 

見てないもん。

あとでコーチャーと話す!

 

ちゅうわけで、

当日の精神状態を振り返ると、

僕が感じたことは、

なかなかに周りははっきりと見えていた。

 

自分は良くない方向へ集中すると、

ダンスが暗くなる傾向にあると思っていて、

かといって集中しないと緩くルーズになる。

 

良い方へ向くのを毎回自分でコントロールできると良いんだが、

まだそこには未熟さを感じている。

気持ちの持っていき方に新たな事を挑戦しているが、

大成功はまだだなー。

 

でも、以前と比べると

自制できている実感があるので、

それを信じて進もうと思う。

 

飛天の間で気づいた事

大きな部屋で長方形のフロアに

スピーカーが四方にあるので、

遠くのスピーカーと近くのスピーカーの音が

踊る位置によってはちょっとずれて聞こえ

なんか気になる。

 

あと、4つ一列に並んだ大きいシャンデリアが

端の2つが少し小さく、

フロアの正面とバンド側が

薄っすら暗いと感じた。

 

それだけが全てではないが、

踊る場所って重要だよね!

全然良い位置どりできないけど!笑

 

まとめ

競技会やパーティなどイベントは、

練習ではできない本番の状況で踊れる良い機会なので、

一回一回反省は絶対にやんなきゃダメっすよね!

 

僕はめんどくさがりだけど、

上達するために反省改善して

次へつなげようと思います!

 

それでは!