考察!2010年アジアオープン、スクフカ&メリンダ!

ダンスへの考察




 

皆さんは、お風呂に入っているときに何かしてますか?

僕は、iPhoneで動画見ながらだったり、

音楽を聴きながら入浴を楽しんでいます。

 

そんな中で、今日はたまたまYouTubeのトップページに出てきた、

2010年アジアオープンのスクフカ&メリンダを見てたんですよねー。

 

それについての思いを綴ろうと思います!

 

まずはこちら!

 

 

2010年懐かしいなー!

 

コントロールが全て効いてる

身体の動きに雑なところがこんなにもないのんなー!

ここまで手先足先までコントロールできるってのは、やっぱすごいと思うんだよ。

 

自分で練習していて、

全て意識をしているつもりでも、

撮影した映像を見ると、

 

腑抜けっすよねー、腑抜け。

意識をしていても雑なところはたくさん見えて来るんですよね。

 

だからフィルムを通して見ても

あれだけコントロールが見えんだから

全身のトーンなんかすごいんだろうな!

 

タイミングの面白さ

コントロールできるからこそだろうが、

音楽の奏で方が面白いですよねー。

 

2人でのタイミングのコントラストなんか、

映像で見てても

「おおー!!」ってなっちゃいましたわ!

 

しかもコネクションを使わないと出せないスピードや動きの流れを使ってるから

見ていて面白い。

 

やっぱペアダンスの醍醐味はここだよなー!

明日の練習に生かそう!

 

足下が重くない

しっかりと強いのに、

のに!

ベタつかないんですよ!

変にズルズルしていないというか。

 

僕がしっかりと足使うと、

「大型犬の子犬」のようになるんですって!

 

でも、その意味もわかるんですよね。

改善しないといけないんですが、

いたってません。。。

 

僕の課題がここに山盛りだった

やろうとしていることが、

うまく再現されていて

ひとそれぞれの課題があるんであれですが、

今の僕にとっては得るものが多かったと思いました。

 

これはちょっと書いとこうと思いまして。

明日も頑張ってダンスを磨きまーす!