自分は何を食べているのか把握してる?




世の中には、病気の治療で数日間何も食べることができなかったり、ダイエットや体質改善やデトックス、ラマダーンなどで食事制限や断食をしている人々がいる。

何も食べないことで体に何が起きるのか、僕は全然わかってない。

良くも悪くもさまざまな意見が聞こえてくるので、僕なりに考えてみようと思う!

体の調子が良くなる。

断食を始め胃の中を空っぽにすることで、不純物、老廃物を出しきり、一度身体をリセットする。

体も軽くなり、体調が良くなるというロジックのようだ。

体重も落ち、すごく元気になったという人もいた。

ダンサーとしても体重が減ることで、自分の体のコントロールがしやすくなるメリットも考えられるよねー。

見た目が良い。

お腹が出ていたり、パンツの上から脂肪がはみ出ているよりは、シュッとしてた方がカッコいい。

ただ脂肪が少ないといっても、ガリガリに痩せていて貧相なのは、憧れないので論外。

単純にパッと見たシルエットがカッコ良い人は、ただ立っているだけでも絵になるよね!

体力が落ちる。

とはいえ、食事を抜くことで体力が落ちる。

これはダンサーとしては重大な問題でしょう。

競技会当日であれば、6ラウンド、7ラウンドを全ての曲を全力で踊り切らなければならない。

いくら魅力的なカッコ良いダンスを披露できていたとしても、後半ラウンドでバテバテではダメなんすよ。

いっても僕もバテバテなんすけどね(゚o゚;;

なんで、怖いんですよ、さらに体力がなくなるのが。。。

チャレンジすべきだよね。

そうやってビビって何もしていない中でですね、

僕の師匠と雑談をしていると、

「食事制限してても、その状況で練習し続ければ体力落ちないでしょ。」

みたいなことを言っててですね、

僕はハッとしましたね(°_°)

つべこべ言ったってしょうがない!やってみよう!

食事把握だ!

つーことで、まずは自分が口に入れたものを把握しようということで、

Twitterと使って僕の摂取したものをザックリだが記録することにした。

まあどうなるか楽しみですね!!

チャレンジして失敗したらしたでその時考えるわd(^_^o)