【一踏入魂】ダンス一曲に真剣に向き合う

ダンスへの考察




 

どーも、和亀です!

 

日曜日だというのに天候もすぐれず もやもやした気持ちの一日でした

晴れた日に公園に遊びに行くってのは 気持ちがいいから行きたかったですね

皆さんは いかがお過ごしでしょうか

 

今日は自信のダンスのデモンストレーションの振り付けをしていました

一曲 自分の培ってきたダンスを大勢の人の前で披露するというのは とてもスペシャルな時間だと考えていて

ある意味では 僕たちのためにお客様の人生の貴重な数分間をいただいているわけです

 

そう考えると たった2、3分と言えども気を抜いて踊ることはできないですよね

もちろん 他の仕事だったりこなさなきゃいけないタスクは他にもあるので デモのダンスだけにすべての時間を使えるわけではないのですが 自分たちが出来うる限りのエネルギーを注いで一つの作品をしっかりと作り上げることが大切なんじゃないかな

 

ここで言いたいのは ダンスの上手下手ではなく どれだけ踊ることに対して真剣に向き合っているかという話です

世界で大活躍する現役の選手のデモを見ても 明らかに手を抜いているような感じに見えることもありますし

反対に ご年配のダンス愛好家カップルの作品でも ちゃんとお互いを思いやり二人でダンスをしていて 見ていた僕はとても感動した経験があります

そういった雰囲気や世界観というのはプロアマ問わず見ている人に伝わるので 気を抜かず自分たちを磨き続けるということは ひしひしと感じています

 

自分の競技会やダンスイベントでのダンスを後日動画やなんかで見ると 下手くそ過ぎて見ることが嫌になりますが 次の機会に踊るときに少しでも上達するため参考にみる必要はあるんですよね

本当に見たくなくなるんですけどね

 

とはいえ そういう自分が恥ずかしい気持ちが悔しい気持ちになるやり方こそ 自分が成長するのに手っ取り早い方法なんじゃないかと思ってもいるので 自分の映像を見なくてもいいなら一生見たくないものですが 自分の糧にしてやろうと思います

 

世界チャンピオンほどのダンサーになると 自分のダンスはどう見えるんでしょうかね

そこの領域に達しても自分のダンスは下手くそに見えるものなのか

 

まあ 人のことを気にする前に自分が良いダンスを踊るために頑張んなきゃいけないですね

6月最後の週ですね

明日からも一週間 気持ちを新たに頑張りましょう

 

今回の話がおもしろかった ためになったと感じてくれた皆さん

FacebookやTwitter SNSでのシェアやフォローをしていただけると嬉しいです

匿名で質問ができる「質問箱」というフォームも設置しているので聞きたいこと知りたいこと ジャンルの問わないお悩み相談も承っておりますので そちらもよろしくお願いします

 

質問箱:質問する

Twitter:亀ちゃん@社交ダンスブロガー(@kazukame21

Instagram:kazukame21

アメブロ:亀ぶろぐ