【男子メイク】メイクアップする前のスキンケア

スキンケア




 

どーも、和亀です!

 

社交ダンスの競技会に出場したり、パーティでデモンストレーションを行うといったダンス愛好家の皆様は、カッコよく見えるよう男性も化粧をします。

少しでも見ている人に良く映るように、メイクアップは男性も必要だと思います。

 

男子メイク「スキンケア」

あまりピンと来ないかもしれないですが、職場でも、お出かけするときも、ちょっとした面接なんかでも、男性のスキンケアが流行っています。

女性もそうですが、男性も気を遣っている時代なんですね。

 

春先や花粉の季節、肌も乾燥して刺激を受けてしまうので、気にかけてあげて下さいね。

 

ダンスの時だけでなく、日常のお肌の手入れにも役に立つ情報をお届けしていきます!

 

スキンケアの方法

大きく分けて、4つの工程で進めていきます。

  1. 水クレンジング
  2. 化粧水
  3. 美容液

 

①水クレンジング

まず、水クレンジングを使って肌を整えていきます。

メイクをするにあたって、余分な皮脂や油を取り除いていきます。

この時に、軽く塗ってなじませるのがポイントです。

 

乾燥肌の方は必要な油分も取れてしまう可能性があるので、やらなくても大丈夫です。

 

今回使ったのが、「ビオデルマ」というクレンジング水です。

Amazonですと、2,050円で買えます。

 

ネットで検索すると、様々な商品が販売されていますので、自分に合った商品を使ってみてくださいね。

 

化粧水を顔全体になじませていきます。

 

②化粧水

次に化粧水をつけます。

ミストタイプを使うと、一気に顔にまんべんなく吹きかけられるので、速いからおすすめですよ!

今回使用した化粧水は、「ハトムギ化粧水」でした。

 

べたつくのが苦手な方やオイリー肌で化粧が崩れやすい方は、化粧水の代わりに「水スプレー」を使うのも一つオススメです。

La Roche-Posay(ラロッシュポゼ) ターマルウォーター ミスト状化粧水 150g

 

 

③美容液

最後に、乾燥や粉をふいているときは美容液の出番。

 

今回は、「イプサ」を使いました。

資生堂から出ているもので、女性の方はよく耳にするのではないでしょうか。

イプサのステックタイプを使用して仕上げました。

 

乾燥が強い方は化粧水と、美容液の間に乳液を挟むと良いみたいです。

裏技的ですが、よく耳にするニベアクリームと、化粧水混ぜるだけで乳液を作れるなんて、勉強になりましたね!

リーズナブルだし、万能だな、ニベア様。

 

※注意

乳液や保湿クリームをつける時は、色々つけ過ぎると後々メイクが崩れやすくなってしますので、必要がないのであれば付けない方が良いです。

 

番外編

メイク前ではないですが、肌が弱い方はハーブ成分を配合していて薬に近い薬用保湿クリームを使ってみると良いかもしれません。

ティートリークリーム

 

最後に

今回使った化粧品は、女性は知っているものもあったかもしれませんが、男性聞いたこともない商品もたくさんあったのではないでしょうか。

少なくとも僕はニベアしか知りませんでした(笑)

 

スキンケア知識ゼロの僕が、初心者でもわかりやすくスキンケアできるようにおしえてもらったので、気になる方はYouTubeも見てくださいね!

しっかりと学んで、色んな種類の、化粧水や乳液、美容液を探すのもきっと楽しくなると思います。

日常からもスキンケアすることで、清潔感のあるモテ男子も目指せる気がしてきました(笑)

 

今回の話がおもしろかった、ためになったと感じてくれた皆さん、

FacebookやTwitter、SNSでシェアやフォローしていただけると嬉しいです!

匿名で質問ができる「質問箱」というフォームも設置しているので、聞きたいこと知りたいこと、ジャンルの問わないお悩み相談も承っております。

質問箱:質問する

Twitter:亀ちゃん@社交ダンスブロガー(@kazukame21

Instagram:kazukame21

アメブロ:亀ぶろぐ