ダンサーのファンを増やそう!

ダンスへの考察

どーも、和亀です!

 

1月25日(金)、「ニシノコンサル」というAbemaTVの番組で、

社交ダンスの競技会の集客を増やすには?というテーマの番組が放送されました。

そこには、現役のプロ競技ダンサーである小野晃歳先生と麻耶先生が出演。

社交ダンス業界についての相談をしてくれました。

ホンマにありがとう!\(^o^)/

 

今日は、このニシノコンサルについてのお話をしていこうと思います。

 

番組の内容

番組が終わってから1週間は無料で見ることが出来ます。

気になる方は、リンクを張っておきますので見てみてくださいね。

だいたい1時間くらいです!

#20:社交ダンスの競技会の集客を増やすには⁉︎毎日〇〇を実行し当たり前にする?

 

ざっくり言うと、この番組の内容は、

競技会に来てもらうお客さんを増やすための方法を、

オリエンタルラジオの中田さんとキングコングの西野さんがアドバイスをしてくれると言う内容。

 

どういった方法を提案してくれたかというと、

たくさんの人に自分が応援してもらい、その人たちに自分がチケットを手売りしてきてもらう、という方法でした。

そのための方法として、飲み会で人と交流したり、ブログやTwitterなどのSNSを使って発信していくといったものでした。

 

人とのつながりを大切に

競技会のチケットの販売経路は各教室の直販と、限定的で、

ダンスをしていない人に向けた宣伝は全然できていない。

 

この状況の中、

僕ら選手が出来ることは自分のファンを増やしていくこと

僕らを応援してくれる人を多くし、競技会に来てもらう。

単純でシンプルなことですが、

これが一番強いんだと思いました。

 

アイドル業界のビジネスモデル

ここで僕が思い出したのが、「アイドル業界」

僕も、

売れてなかった頃のアイドルやアーティストを応援していた時期があります。

彼らを応援することは僕らも一緒に頑張っているような気持ちで、

彼らが努力している姿を見るのも楽しいですが、結果が出ると僕らもうれしいんですよね!

 

僕ら現役の競技ダンサーが、レッスンを受け、練習し、完成させてきた作品で戦う。

人生かけた全力のウルトラソウルダンスで競い合っていたら、

競技会は白熱するでしょうし、応援し甲斐があって、

会場のボルテージは上がりっぱなしでしょう!

 

そうなったらイベントに参加しているすべての人が楽しめますよね!

 

プレーヤーのメリット

競い合うことで、

自分たちのダンスをもっと上達させたいというモチベーションを高く保ち続けることができるのは、

競技会の一つ良い点だと思います。

 

人間の根本的な性質として、

競って人に勝つと言うのは誰でも快感を覚えるものですから。

 

自分のためだけでなく、

応援してくれている人たちのためにも勝ちたい、

と考えると、闘争心も強くできますしね!

 

まとめ

僕は、今しかできない現役の競技ダンサーという生き方を、

こういったブログやSNSを使って皆さんに知って面白がっていただいて、

少しでも社交ダンスや競技ダンスに興味を持つ人が増えたらいいなと思っています。

 

多くのダンサーが自分が思っていることや感じていることを文章や言葉にして配信し、

ダンスをやっている人が何を考えているのか、思っているのかを伝えていくことで、

業界自体も盛り上がっていくんじゃないかなと思いますね。

 

ダンサーの皆さんは、がんばりましょう!

ダンスに興味がある人は、競技会見に来てね!

問い合わせでもTwitterのDMでも連絡いただければ嬉しいです(^▽^)/

 

今回の話がおもしろかった、

ためになったと感じてくれた皆さん、

FacebookやTwitter、SNSでシェアやフォローしていただけると嬉しいです!

 

ではまた!

 

Twitter亀ちゃん@社交ダンスブロガー(@kazukame21

Instagramkazukame21