朝、二度寝するあなたへ!絶対起きれる3つのポイント!

ライフスタイル

 

どーも、和亀です!

 

今日は水曜日、1月9日です。

今年の仕事も、もうほとんどの人は始まっていますよね!

お正月が明け、休日モードから仕事モードへ頭を切り替えなきゃいけません。

 

でも、

そんなのわかっているけど、、、

朝めちゃくちゃ寒くないですか!???!(ノД`)

 

もう朝は寒いだけで、

布団から出る気が全くなくなっちゃうよね。。。

 

でも、それでも僕はやりたいことがありますし、

ブログに書いたり、Twitterで発信したり、

これからYouTubeや音声の配信もしたいと考えているので、

そこはしっかり、ピシッと起きて、

しっかりコンテンツを生み出していかないとなって思っています!

 

そのためにですね、

朝起きるために僕がやっている工夫をシェアしたいと思います!

 

朝起きる3つのポイント!

僕がやっている工夫と言うのはですね、3つあります。

 

  1. 就寝前に携帯を見ない。
  2. 目覚まし時計を遠くに置く。
  3. 起きてすぐ身支度をする。

では、一つずつ解説していきましょう!

 

①就寝前に携帯を見ない!

僕は、寝る直前までスマホやタブレット、パソコンで作業してることが多いんですが、

そういった家電の画面から出ているブルーライトで脳が睡眠状態に入りにくくなってしまうので、

寝る直前30分位は使用しないように心がけています。

 

以前は、ベッドに入ってからもスマホをいじってそのまま寝落ち。

いじってるまま眠たくなって寝て、気づいたら朝、

って言うのを繰り返していたんですが、

それだと朝の目覚めが良くないんですよね。

気持ちのいい一日をスタートさせたいですものね!

 

②目覚まし時計を遠くに置く!

僕は昔から目が覚めると、

無意識のうちに目覚ましを止めてもう一度寝してしまうんです。

さらに質が悪いのは、スヌーズ機能を設定していたとしても、

それすら解除してまた寝てしまうんですね。

 

幼少の頃、毎朝父が僕を起こしに来てくれていました。

部屋のドアの外から声で呼ぶのですが、

僕が返事をし、父が部屋から去っていく流れなんです。

毎朝それを繰り返していると、人間はすごい!

その返事から二度寝までを無意識でできるようになってしまったんですね(笑)

 

その習慣もあって目覚まし時計は無意識で止められちゃう。

だから、僕がした工夫は、目覚まし時計を遠くに置くことで、

ベッドから出ないと目覚まし時計を決めることができないと言う状況を作り出して、

強制的に居心地の良い温暖な空間から、身体を追い出しています!

 

③起きてすぐ身支度をする。

もし朝起きて家を出るまでの時間が1時間や2時間あったとしても、

僕は1番最初に身支度をします。

 

歯を磨いたり、コンタクトをつけたり、ヒゲを剃ったり、髪をセットしたり。

自分の寝ていた時の状態のままではいないようにしているんですね。

 

寝巻きのままでいると、意識もシャキッとしないですし、

まだ布団の中のぬくぬくした温かさが自分の体の周りにくっついていて、

布団へ僕を呼び戻そうとするので、スイッチが入らない気がしています。

 

なので、寝間着のままでもできるようなこと、

食事だったり、ちょっとソファーに座ってニュースを見たりする前に、

自分を活動モードに変身させてしまおう!

 

まとめ

1つ目は、寝る前にスマホを見ない!見ちゃダメ!

2つ目は、目覚ましを遠くに置く。手の届かないところに!

3つ目は、布団から出たらすぐに身支度をする。出かける格好に!

 

この3つを心がけるだけで、結構、強制的に目が覚めるのでオススメですよ!

あとその他には、コーヒーを飲んだりとか、

朝食をしっかり食べるだとか、

それぞれのライフスタイルに合ったポイントを何か付け加えてみるといいと思います。

 

やっぱり朝からシャキッとすることで、

その後の1日がもっと活動的で生産量もグイっと上がり、

気持ちよく過ごせると思いますので、ぜひ試してみてください(^^)

 

今回の話がおもしろかった、

ためになったと感じてくれた皆さん、

FacebookやTwitterでシェアしていただけると嬉しいです!

 

ではまた!

 

Twitter亀ちゃん@社交ダンスブロガー(@kazukame21

Instagramkazukame21