他人に期待通りの仕事をさせる方法!

物事のうまくいく考え方

 

どーも、和亀です!

 

皆さんの周りには、

何か頼みごとをした時にしっかりやってくれなかったりとか、

締め切りまでに間に合わなかったりとか、

期待に添わない出来の人いませんか?

 

まあね、どこにでもいると思うんですよね、

そういった人たちは

 

 

ひどく怒られるの嫌だよね

とはいえ、

僕はそういった人たちに対して、

大きな声で怒鳴るだとか、

きつい態度で当たるだとか、

そういった行動はあまり良いと思っていません。

 

常識で考えればわかるでしょ、っていう人もいますけど、

僕個人的にはこの常識っていう言葉が昔からすごく嫌いで。

常識が悪いって言ってるわけじゃないんですよ。

ただ大部分の人がそういった考えを持っているって言うだけで、

そういう考えを持ってない人も様々いると思ってるし、

常識だと思っていたけどマイノリティだったなんてこと、

多々僕もありますからねえ。

 

実際ね、できるだけ早くとか、

やっといてねという指示の仕方だとか、

抽象的な言葉や曖昧な指示の仕方だけだと、

ほとんどの部分をその人に任せているのと同意と思うのよ。

 

なのに出来上がってきたものを見て、

自分の期待よりも出来が悪かった場合にマイナスな感情になる。

 

これは、指示をしてるほうの自分勝手よ。

これぐらいはできるだろう、

これはやって当たり前、

こういった予想は危険。

 

もしかしたら、

の人は自分なりに計画を立てて考えているかもしれないし、

内容だってその人にとっては注文に合わせた品質のものを出してるかもしれない。

だとしたらマイナスの理由がない。

 

具体的に指示はしましょう!

依頼をする側が確実な仕事ができるように

情報をたくさん与えるのが必要だと思います。

それもできるだけ具体的に。

 

締め切りを明確に伝えるだとか、

やり方を提示したり、

どこまで細かくやって欲しいだとか。

 

そうしたら期待値に近い仕事をやってもらえる可能性は高まりますし、

作業側も感謝され、お互いハッピーですよね!

 

それでも自分の思い通りになるかはわからないので、

寛大な気持ちで受け入れましょう。

言い方はよくないですが、

期待し過ぎないのも大事なんじゃないですかね?

僕はよっぽどしっかりやらなきゃいけない時は自分でやりますねー。

 

まとめ

うまく人を使い、うまく人に使われて楽しく物事をやりとりしていきましょう!!

できるだけ良い関係でいた方が、

お互いの仕事の生産性も上がると思うので、

そういったところは少し気をつけてみるといいと思います。

僕も気をつけなきゃいけないですね!!!!

 

といっても、受注側の仕事のクオリティを高くし、

依頼者の期待を思いっきり超えてやるっていう努力は必要ですけどね!

 

 

今回の話がおもしろかった、

ためになったと感じてくれた皆さん、

FacebookやTwitterでシェアしていただけると嬉しいです!

 

ではまた!

 

Twitter亀ちゃん@社交ダンスブロガー(@kazukame21

Instagramkazukame21